メイク落とし、クレンジングってたくさんあるけど、どれがいい?!

 

メイク落としで一番いいクレンジングは人それぞれのため、
これがいい!とジャッジすることは難しいです。

 

ですが、

 

  • メイク落とし、よく落ちるのはいいけど、お肌のダメージが気になる!
  • 逆にダメージは少ないけど、メイクが落ちない・・・

 

つまり、

 

よく落ちる&肌に優しいクレンジングは、誰もが望むものではないでしょうか?

 

今回は、おすすめのメイク落とし(クレンジング)を以下のポイントに絞ってご紹介します。

 

 

刺激が強すぎない

 

クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク

 

※オイルが最も強い

 

そのため、当サイトでは、リキッド、ジェル、クリームをあたりを中心にご紹介します。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

返金保証あり!

 

いくら人気があるクレンジングだとして、あなたのお肌に合うとは限りません。

 

そのため、返金保証ありのクレンジングを紹介します。
※すべてのクレンジングに返金保証があるわけではないです

 

上記のポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

メイク落とし!おすすめグランキング

 

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp/

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

プレミアアンチエイジング

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

【DUOザクレンジング 公式サイト】
→https://cp.duo.jp

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

【フィトリフト 公式サイト】
→http://www.phytolift.jp/

 

ビオルガ クレンジング

 

ビオルガクレンジング

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150g/1か月〜1.5か月
  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:3,990円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

ビオルガ クレンジングは8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる、新感覚のクレンジングジェルです。

 

カンゾウ、キハダ、どくだみなど和漢植物にお肌の質感をしっかりケアしてくれます。

 

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

 

【ビオルガ クレンジング 公式サイト】
→https://shop.belleeau.jp

 

 

クレンジングの基礎

 

美容が気になる女性

 

クレンジングリキッドのメリット・デメリットとは?

 

クレンジングリキッドは濃いメイクもスルッとお風呂で落とすことが出来るものが多くとても便利で、しっかりとしたメイクをする方におすすめです。そんなクレンジングリキッドにもメリットデメリットがあるのでご紹介します。種類も多いので自分に合った商品を見つけることで美肌を保つことが出来ます。

 

クレンジングリキッドのメリットは、ヌルつきが少なく、すすぐときに汚れが再び付きにくいため不要な汚れだけを洗い流すことができ洗い上がりがさっぱりします。濡れた手で使うことの出来る商品もありお風呂場で使えるものが多いおで忙しい女性にもおすすめです。それ以外にもふき取りクレンジングもあり、疲れ果ててお風呂に入ることが出来ない時などにコットンに含ませてお化粧だけふき取ってから寝ることも出来ます。デメリットは、洗浄力が高く汚れをしっかりと落とすことが出来ると言われています。そのために乾燥肌、デリケート肌の方には、肌に負担がかかりすぎるためがクレンジングリキッドは避けた方が良いです。また普段から薄めのメイクの方にも洗浄力が強すぎて、肌荒れの原因になる場合がありますので注意しましょう。肌の状態やお化粧に合わせて、自分に合ったりきっとクレンジングを上手に使うことが肌の健康を保つ近道のひとつです。

 

クレンジングジェルのメリット・デメリットとは?

 

クレンジングジェルはトロッとしたテクスチャで、オイルフリーの水性ジェル・オイルインの水性ジェル・油性ジェル・オイルジェルに分けることができます。オイルフリーの水性ジェルがもっとも弱く、オイルジェルが一番メイクと落とす作用が強いタイプです。
詳しく見ていくと、オイルフリーの水性ジェルはメイクの落ちが悪いのがデメリットです。ですから薄いメイクの人にしかオススメできませんが、マツエクも落とせるのがメリットになります。肌に優しそうな印象がありますが、乾燥肌や敏感肌の人には向きません。
オイルインの水性ジェルは油分が少ないために脂症の人に向いています。肌への優しさでも定評がありますが、メイクの落ちはあまり良くありません。こちらも乾燥を招きやすいタイプです。
油性ジェルはメイク落ちに優れていて、肌が乾燥しにくいのが大きなメリットです。界面活性剤の量が少ないので、肌にも優しいタイプです。これといったデメリットのない優秀なタイプであり、クレンジングクリームと似ています。
オイルジェルの最大のメリットはメイクの落ちが非常に良いことです。ただし、肌への負担が大きいので敏感肌の人には向きません。余程濃いメイクをした時にしか使わない方が無難です

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

オイルの持つ洗浄力の高さやメイクの汚れが落ちるまでが素早いことなどが特徴のオイルクレンジングですがこれら以外にもオイルクレンジングを使用することで得られるメリットはあります。オイルクレンジングを構成する多くの成分が油分であることから頑固なメイクであっても溶かして浮き上がらせる作用があるため必要以上に肌に刺激を与えなくて済みます。そのため肌へのダメージも少なくさせることができますし、強い洗浄効果でしっかりとメイクを落とすことで肌の老化予防にもつながります。では反対にオイルクレンジングを使用するデメリットとしてはメイク落としの洗浄力が強いため肌に必要とされる油分まで一緒に洗い流してしまうことで乾燥肌になりやすくシミやしわを形成してしまうことがあります。さらには油分を多く含むことで泡立ちはよくなりますがしばしば肌のタンパク質を破壊してしまうことがあり結果的にアトピー性皮膚炎や湿疹などを招いてしまうことがあります。オイルクレンジングにはクリーム性のタイプや低刺激性のタイプなどがあるためオイルクレンジングのメリットやデメリットを理解したうえで自分の肌に合った性質のものを選択するようにしましょう。

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングクリームは、水分とオイル成分がバランスよく配合しているクレンジング剤です。形状がクリーム状になっているので肌の上での滑りもよく摩擦も起こりにくいのが特徴です。そのため、肌に負担をかけずメイクを落とすことができます。メーカーによって拭き取るタイプと洗い流すタイプに分かれています。
クレンジングクリームの最大のメリットは、肌への刺激が弱いという点です。摩擦も少ないので肌に優しく敏感肌の人でも使用することができます。保湿効果も高いので、クレンジング後の肌のツッパリ感も感じることがありません。
また、クレンジングクリームの中にはマッサージ用としても使用できる製品があります。そのためクレンジングとマッサージを同時に行うことができるのもメリットの一つです。
しかし、クレンジングクリームにもデメリットがあります。クレンジングクリームはオイル成分の配合が少ないので、メイクの落ちがあまりよくありません。特にアイメイクなどのポイントメイクやウォータプルーフ、日焼け止めクリームなどに対する洗浄力は非常に弱いです。そのため、必ずダブル洗顔が必須になります。また、拭き取るタイプはティッシュで何度も拭き取る手間がかかるうえ、浮き上がらせたメイクを毛穴に押し戻してしまう可能性があるので注意が必要です。"